Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content

クラムチャウダーに合う献立・おかず20選!主菜・主食・副菜のレシピ

クラムチャウダーに合う献立・おかず20選!主菜・主食・副菜のレシピ

クラムチャウダーに合う献立・おかず20選!主菜・主食・副菜のレシピ

アメリカの家庭料理の定番メニューとも言えるクラムチャウダー。あさりやハマグリなどの貝類を野菜と一緒に煮込んだスープで、二枚貝を意味する「Clam(クラム)」と煮込むことを意味する「Chowder(チャウダー)」が語源です。

マンハッタンではトマトベースの赤いスープが、ロードアイランドでは魚介ベースの澄んだスープが一般的で、地域によって特徴がガラリと変わるのがおもしろいところ。今回は日本でよく親しまれている、クラムチャウダーに合う主菜・主食・副菜をご紹介します。献立に迷ったときは、ぜひ参考にしてください。

クラムチャウダーと合わせたい肉系の【主菜】5選

1.フライパンでパリッとローストチキン(243kcal/1人分)

20230310-7_1-1.jpg

手間ひまがかかるイメージがあるローストチキンですが、実はフライパンで簡単に作れます。コンソメベースのマリネ液に1時間漬け込んで焼くだけと、あっという間に完成。パリッとした皮と、肉汁たっぷりのジューシーな肉がクセになるおいしさです。クリーミーなクラムチャウダーと一緒に食べれば、肉のうまみがより引き立ちますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.チキンとほうれん草のブイヨンバター炒め(287kcal/1人分)

20230310-7_1-2.jpg

ほうれん草と鶏ももを使った、ボリュームのあるバター炒めです。「マギー ブイヨン 無添加 塩分25%カット」を使っているので、シンプルながらも奥深い味わいに。ほうれん草とコーンが入っているので食物繊維がたっぷりです。コクのある味わいのバター炒めは、濃厚なクラムチャウダーの深みを引き出してくれるでしょう。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.ブイヨンポークソテー(240kcal/1人分)

20230310-7_1-3.jpg

肉をオリーブオイルと「マギーブイヨン 無添加 塩分25%カット」に漬け込み、しっとりやわらかくも香ばしく焼き上げたポークソテーです。「マギー ブイヨン 無添加 塩分25%カット」やオリーブオイルの風味が口いっぱいに広がり、こしょうが肉のうまみを引き立てます。貝のうまみが凝縮したクリーミーなクラムチャウダーは、素材の味を活かしたジューシーなポークソテーと好相性です。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.彩り豊かなガリバタソテー(182kcal/1人分)

20230310-7_1-4.jpg

カラフルな見た目が元気をくれる、ガーリックバターソテー。ガーリック・バター・「マギー ブイヨン 無添加 塩分25%カット」で炒めた豚肉にアスパラとパプリカを加え、歯ごたえが楽しい一品に。甘みがあるパプリカが、肉のおいしさを引き出しています。ガーリックのパンチがきいており、まろやかなクラムチャウダーとの味のコントラストが楽しめるでしょう。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.ハンバーグ和風きのこソース(265kcal/1人分)

20230310-7_1-5.jpg

程よい甘さがたまらないしょうゆ味のきのこソースをかけた、あっさりと食べられる和風ハンバーグです。肉汁が溢れ出すうまみたっぷりのジューシーなハンバーグと、から炒りした香ばしいきのこの風味は絶品。貝類の風味と野菜の甘さがギュッと詰まったクラムチャウダーと相性が良く、和と洋のマリアージュを楽しみたい人におすすめです。
 

詳しいレシピはこちら▶

クラムチャウダーにぴったりな魚系の【主菜】5選

1.魚のイタリアンハーブ蒸し(247kcal/1人分)

20230310-7_2-1_2.jpg

一皿あるといつもの食卓がパッと華やかになるアクアパッツァ。耐熱容器にお好みの白身魚・野菜・調味料を入れて電子レンジで加熱するだけと、初心者でも簡単に作れます。白ワインと「マギー コンソメ 無添加」で白身魚のうまみを余すことなく引き出し、ハーブの香り豊かな一品に。シンプルな味わいなので、濃厚でクリーミーなクラムチャウダーとよく合います。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.鮭のチーズピカタ(192kcal/1人分)

20230310-7_2-2.jpg

鮭に卵とチーズの衣をまとわせて、素材本来のうまみを閉じ込めながらふんわりと焼き上げました。シンプルな味付けですが、「マギー コンソメ 無添加」を使っているので奥深い味わいに。あっさりとした味わいの鮭を使ったピカタは、コク深くまろやかなクラムチャウダーのお供にぴったりですよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.小松菜とえびのガーリック炒め(86kcal/1人分)

1498.jpg

プリプリのえびにシャキシャキの小松菜、さらにカリカリの香ばしいクルミが加わった、食感のコントラストが楽しい一品です。オリーブオイル・赤唐辛子・ガーリックを使用したペペロンチーノ風のあっさりとした味付けで、一度手をつけるとやめられなくなるおいしさです。クラムチャウダーの濃厚な後口に、レモンの酸味が心地良く広がります。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.野菜と白身魚の簡単テリーヌ(208kcal/1人分)

20230310-7_2-4.jpg

フレンチのコース料理の前菜として提供されることが多いテリーヌ。高級感あふれる華やかな一皿ですが、フードプロセッサーと電子レンジを使えば自宅で簡単に作れますよ。貝のうまみたっぷりの温かいクラムチャウダーが、テリーヌのおいしさを最大限に引き出してくれます。なめらかな口当たりがたまりません。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.鱚のフリッター(263kcal/1人分)

20230310-7_2-5.jpg

天ぷらや塩焼きなど和食に使われることが多いイメージの鱚ですが、フリッターにしても絶品です。あっさりとした鱚に「マギー コンソメ 無添加」で下味をつけ、さらに衣に青のりを入れているので立体感のある味わいに。濃厚なクラムチャウダーと合わせれば、揚げ油に使っているオリーブオイルの香りと仕上げに絞るレモンの酸味が、後味を爽やかにしてくれます。
 

詳しいレシピはこちら▶

クラムチャウダーに合うご飯・パスタなど【主食】5選

1.シーフードリゾット(263kcal/1人分)

20230310-7_3-1.jpg

クリーム系のクラムチャウダーにトマト系のリゾットとは意外な組み合わせかもしれませんが、実はとてもよく合います。トマトの爽やかな甘酸っぱさが、濃厚なクラムチャウダーのおいしさを存分に引き出してくれるでしょう。魚介のうまみととろりとしたチーズがクセになるおいしさです。また香りが良く、食欲をそそられます。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.コーン入りオムライス(544kcal/1人分)

20230310-7_3-2.jpg

黄色い卵とコーン・緑のさやえんどう・真っ赤なケチャップと、鮮やかな色合いが食欲をそそるオムライス。ケチャップライスには「マギー コンソメ 無添加」が入っているので、コクのある味わいに。クラムチャウダーで濃厚なクリームを味わったあとは、酸味とコクがあるトマト味のオムライスで口をリフレッシュ。子どもも大人もとりこにする献立です。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.鶏肉の冷製トマトパスタ(508kcal/1人分)

20230310-7_3-3.jpg

ホールトマト・「マギー コンソメ 無添加」・オリーブオイルのみと、とてもシンプルなトマトソースの冷製パスタです。鶏むねが入っているので食べごたえばっちり。育ち盛りの子どもがいる家庭におすすめです。温かくクリーミーなクラムチャウダーと、冷たく爽やかな冷製トマトパスタは、意外にも好相性。互いのおいしさを際立たせ、子どもも大人もよろこぶ定番の献立になりますよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.ピーマンと挽肉のトマト風味パスタ(587kcal/1人分)

20230310-7_3-4.jpg

たっぷりのピーマンと牛挽肉を使い、ピリ辛に仕上げた大人のトマト風味パスタです。クリーミーなクラムチャウダーが後口に残った辛さをマイルドにし、クセになるおいしさですよ。「マギー コンソメ 無添加」と最後にふりかける粉チーズが、うまみとコクをプラスしています。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.マリネ野菜のホットドック(236kcal/1人分)

20230310-7_3-5.jpg

キャベツと玉ねぎをマリネしてからパンに挟む、ホットドッグです。マリネ野菜のやわらかな酸味が、クリーミーなクラムチャウダーとぴったり合いますよ。ヘビーなメニューではなくサラッと食べられるので、夕食はもちろん、朝食に出してもよさそうです。
 

詳しいレシピはこちら▶

クラムチャウダーにもう一品【副菜(サラダ・付け合わせ)】5選

1.カリカリベーコンとほうれん草のサラダ(97kcal/1人分)

20230310-7_4-1.jpg

いつもよりひと手間加えて、ちょっと贅沢なサラダを作りたいときにはこちらがおすすめです。ポイントは、カリカリに焼いたベーコンと、酢・「マギー コンソメ 無添加」・オリーブオイルなどで作る温かいドレッシング。黒こしょうがピリリときいており、クラムチャウダーでまったりしてしまった口の中をさっぱりとリセットさせてくれるでしょう。
 

詳しいレシピはこちら▶

2.皮付きジャーマンポテト(251kcal/1人分)

20230310-7_4-2.jpg

じゃがいもを皮付きのまま使い、香ばしさを出したジャーマンポテトです。電子レンジで下ごしらえしたあとにフライパンで焼き色をつけるので、外はカリッ、中はほくほく。クリーミーなクラムチャウダーと食べれば、よりじゃがいものおいしさが引き立ちます。ベーコンの塩味と玉ねぎの甘みのバランスが良いですよ。
 

詳しいレシピはこちら▶

3.春キャベツとポテトのホットサラダ(99kcal/1人分)

20230310-7_4-3.jpg

野菜とウインナーを電子レンジで加熱し、ハーブ風味のマヨネーズで味付けするだけの簡単ホットサラダです。シャキシャキの春キャベツ・ほくほくのじゃがいも・パリッとしたウインナーの、異なる食感が楽しめます。レモン汁や粒マスタードを使った酸味がある爽やかなサラダなので、濃厚なクラムチャウダーと好相性です。
 

詳しいレシピはこちら▶

4.野菜のクイックピクルス(65kcal/1人分)

20230310-7_4-4.jpg

きゅうりやセロリ、パプリカなど色とりどりの野菜をふんだんに使ったピクルスです。野菜を漬け込むときにディルを加えているので、香り高く仕上がります。野菜にしっかりと味が染み込んでおり、ついつい手が止まらなくなるでしょう。濃厚なクラムチャウダーの合間に、さっぱりと食べられる箸休めがほしいときにおすすめです。
 

詳しいレシピはこちら▶

5.ブロッコリーとパプリカとマッシュポテトのツリーサラダ(162kcal/1人分)

20230310-7_4-5.jpg

クリスマスにクラムチャウダーをいただくなら、かわいらしいツリー型のサラダはいかがでしょうか。中にはマッシュポテトが入っており、食べごたえもインパクトもばっちりですよ。「マギー コンソメ 無添加」で味付けしているので、奥行きがある味わいに仕上がっています。野菜がたっぷり食べられるので、濃厚なクラムチャウダーの口直しにぴったりな一皿です。盛り付けを変えて、いろいろなときに楽しんで。
 

詳しいレシピはこちら▶

クラムチャウダーの献立は難しくない!洋風にも和風にも合う

クラムチャウダーは、和風ハンバーグからトマトベースのシーフードリゾットまで、さまざまなテイスト・食材のメニューと合わせやすい料理です。特に、あっさりといただけるメニューなら相性が良い傾向があるので、参考にしながら献立を考えてみてください。

今回ご紹介したレシピは、おもてなし料理として活躍するものはもちろん、普段の食卓に並べられる気取らないものもたくさんあるので、クラムチャウダーをいつものレシピに仲間入りさせてみてはいかがでしょうか?比較的簡単に作れるものばかりなので、料理初心者にもおすすめです。